2019/02/11(月)

おすすめアイテム

高松店

新商品「AIRFIT」入荷、ストレスフリーの貼る心拍計

今朝雪だったので、傘をさして歩いて通勤したのですが、午後にはしっかり上がり絶対に傘を忘れて帰る自信があります。タカシです。

 

さてさてそんな私ですが実はもう一つ悩みがあります。

以前、光学式の心拍計と電気式の心拍計との違いについてブログに上げました。ちなみに私は多少面倒でもより正確な電気式心拍計を愛用しています。

ところが先日の丸亀ハーフマラソンで、ズレないようにとすこしベルトをきつく締めたところ擦れて血が出てしまったのですね(泣)スイム練のときにみんなに見られてしまいました(*´∀`)

 

 

そんな電気式心拍計のデメリットを解消してくれるNEWアイテムが、本日ご紹介する「AIRFIT(エアフィット)」です。見出し画像の外箱はなんだかティファニーのアクセサリーかと見紛うオサレなパッケージです。

箱を開けると中にはこんなアイテムが。

下に写っている、スナップボタンのついている透明のひょうたんの様なものが皮膚に触れる電極部分です。そして上に写っている白い大きなひょうたんが貼り付けシートです。

心拍計本体は、もともと使っているものをスナップボタンにとめて使用します。

ガーミン、ポラール、ワフーなど大体の心拍計には対応していますが、心拍計のモデルによっては対応していないものもありますので、詳しくはスタッフにお尋ねくださいね。

※撮影のため本体を既に付けていますが、実際には身体にシートを貼り付けたあとで本体をスナップに付けます。

身体に貼り付けるので、従来品の様なベルトによる圧迫感がなく快適に運動が出来るというメリットともう一つ、この季節は心拍ベルトを身体に巻くと「ヒヤッ」として一気にトレーニングのモチベーションが下がります。この「ヒヤッ」が無いのです!これだけでも買う価値がありますwww個人的には。

 

そして多くのみなさんが気にしている「剥がれるのでは?」という心配ですが、その心配はありません。今朝はいつもの様な身体にフィットするバイクジャージではなく、Tシャツでローラー練をしたのですが、それでも剥がれるようなことはありませんでした。身体にフィットするバイクジャージなどではまず剥がれないでしょう。

従来のベルトで巻く電気式心拍計の様に毎回毎回同じ場所に心拍計本体を装着しなくても良いのも大きなメリットですね。いつも同じ場所に付けているとやっぱりかぶれやすいですから。

気になるお値段

電極と貼り付けシート20枚、反応を良くするジェルがセットになったスタンダードキットが税込み4,230円。

標準の貼り付けシートは10枚で税込み864円と1回のコストは100円以下とリーズナブル。これは買いですねー。明日もこれを貼ってどこかライドに行ってきます、ではまた~(@^^)/~~~

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報