2018/12/23()

メンテナンス

岡山店

シマノ アルテグラDi2化の波紋(WAVE)はまだまだつづくよ、何処まで?

岡山店のいけどんです。

今回も

シマノ アルテグラ Di2に

グレードアップ交換メンテナンスをお受けしましたので

ご紹介いたします。

 

モデルは

TREK 軽量フレームロード 『EMONDA エモンダ』 SLです。

一見、バーテープの色が変わったくらいにしか写真では気づきにくいですが

とてもハンドル周りはすっきりしました。

 

メンテナンスに加え、変速装置を 機械式 ⇒ 電動化 としたことで

変速の操作感は格段に向上しております。

では詳細を観てゆきましょう。

 

ハンドルを下から

左上写真:機械式   右上写真:電動化

変速ワイヤーは電動用コード1本になり、ハンドル周りはすっきり。

 

そして今回1番苦労したのがこの3Tハンドルに三俣電動用コードを通す作業。

ブレーキのアウターワイヤー出口からコードを引き出すのに苦労しました。

 

前変速周り

左上写真:機械式   右上写真:電動化

ココでは、オーナー様のご希望により

① クランクアウターギヤの歯数を変更 50T⇒ 52T

② ①によりチェーンを交換

③ BB(ボトムブラケット)をデフォルトからスギノ製セラミックBBに変更グレードアップ

見た目以上に性能アップ!!

 

後ろ変速周り

左上写真:機械式   右上写真:電動化

変速装置はもとより

カセットスプロケットも変更です。

11-28T ⇒ 11-30T

これによりフロントのアウターギヤ拡大による

登り坂への不安を解消。

 

 

いかがだったでしょうか?

変速機の電動化は皆さん興味津々ですよね?

 

『でも本当に必要なの?』

『費用も掛かるし・・・』

そんなお声を伺います。

 

確かに費用が掛かります。

なのでこういったお得なメンテナンスキャンペーンのタイミングで

決心していただくのが1番。

そして交換した方のほとんどの方は

『早く交換しておけば良かった。』

『次も選ぶならDi2で。』とご満足頂いております。

 

今シーズンで既に3件目。

この波紋はまだまだ続きそうです。

      既にご予約をいただいております m(_ _)m

 

今回のご紹介はここまで。

 メンテナンスやグレードアップ、カスタマイズなど

どうぞご相談くださいませ。

皆さんのご相談をお待ちしております。

 

注)バイク修理ではその症状により短時間で直るものや、

バイクをお預かりして検証しなければいけないものなど様々です。

また

特殊な部品を使用していて、部品のお取り寄せや取り付けに

時間が掛かるのものがございます。

緊急の場合でも症状によっては

イベント終了後に再度お持ち込みをお願いする場合もございます。

予め ご了承くださいませ。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報