2018/12/10(月)

おすすめアイテム

高松店

ナビに優れたサイクルコンピュータ、ガーミンEdge1030

高松店のyoshikiです。

 

いよいよ本格的に寒くなってきましたね〜

冬物ウェアのご相談いつでもお待ちしております。

yoshiki感覚ではなく一般的な感覚にてしっかりと回答させていただきます。

 

 

さて今回は約半年ほど前に発売されましたガーミンのサイクルコンピュータ

「Edge1030」

サイクルコンピュータでは有名な「ガーミン」ですがその中でもこの

「Edge1030」は最上位モデルとなります。

ではまずは基本性能から、

 

 

使用電池:充電式リチウムイオン

防水性能:IPX7

稼働時間:最大20時間

重量:123g

タッチパネル

 

 

細かい機能は色々とありますが基本性能はこんな感じです。

そしてもちろんGPS機能搭載です。

そのため、走行ルートを後からガーミンのアプリで確認することもできますし獲得高度、走行中の勾配などの情報も取得することができます。

 

その辺りの性能に関しては「Edge820J」のモデルと違いはありません。

 

 

しかし「Edge820」と比較するとやはり優れている点だらけです。

まずは何と言っても画面の大きさです!

「大きすぎる!」という声もよく聞きますが実際に使ってみるとやはり画面が大きいことによりすごく見やすいです。

左の「Edge820」に対して表示項目を1つだけ追加したライド画面です。

 

正直更に項目数を増やしてもまだまだ見やすいレベルです。

ライド中に知りたい情報を1つの画面で全て確認しやすいです!

 

 

そしてもう1つはナビ機能の使いやすさです!

 

左の「Edge820」にもナビ機能搭載ですので比較してみました!

ここでも大きさが圧倒的なアドバンテージに!

「Edge820」も地図の拡大をすることができますが拡大しすぎるとその先の道の情報などが全く確認できなくなります。

 

しかし右の「Edge1030」ではそこまで拡大表示しなくてもはっきりと現在地、その先の道路情報、更には周辺施設までもが確認しやすいのです!

 

両方を使ってみるとやはりのんびりとナビを使いながらのサイクリングとなると

圧倒的に「Edge1030」がオススメです。

 

 

 

 

そしてその他には

仲間のEdgeに「待ってください」や「OK」などといった定型文を送信することができる「ライダー間メッセージ機能」であったり、

付属する専用マウントにより稼働時間を更に20時間ほど伸ばすことが可能な「拡張バッテリーパック」の取り付けに対応したりと優れている部分ばかりです。

 

このように「Edge1030」を取り付けた裏側に「拡張バッテリーパック」を取り付けることができます。

 

 

あとは「Edge820J」と比べるとタッチパネルの反応速度、GPSの精度・位置情報取得の速度、画面の解像度など細々とした性能の良さを体感しました。

 

 

この「Edge1030」ですが

センサー類セットのみでの販売となります。

他の「Edgeシリーズ」では本体のみ、センサーセットの2つのパターンで販売されているのですが

「Edge1030」ではセンサーセット

税込 92,880円のみの販売となりますのでお気をつけください。

付属品は

スピードセンサー

ケイデンスセンサー

心拍センサー

拡張バッテリーパック対応マウント

ハンドルマウント

ストラップ

USBケーブル

以上となっております。

 

店頭にて画面の見やすさも確認いただけますので気になる方はぜひ高松店にお越しください。

 

以上、高松店の高橋からナビ機能に優れたGPSサイクルコンピュータ

「ガーミンEdge1030」のご紹介でした。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報