2018/11/30(金)

メンテナンス

岡山店

メンテナンスと一緒におすすめ! パーツをグレードアップ Di2化

岡山店のいけどんです。

もうすっかり冬ですね。

 

冬に入ると自転車に乗る機会も自然と少なくなりますね。

そんな時、バイクを1年間の労いを込めて

メンテナンスに出してみてはいかがでしょうか?

 

今回はそのメンテナンスの過程で、

変速パーツをグレードアップしちゃう事例をご紹介します。

 

 

自転車のポジションの寸法を測定したら

部品をバラします。

フレーム、ホイールを掃除し、

今回のテーマ、変速を機械式⇒電動化を検討します。

予め用意しておいた変速部品を仮止め。配線の長さや何処を通すか検討です。

 

配置、配線など決まれば組立を開始です。

配線を予めフレーム内に収めます。

 

 

今回はハンドルも変更し、メインコンピュータをハンドルの先っちょに配置。

もちろん配線はハンドルの中に。

 

更にはオプションの変速スイッチを増設

こんなことが出来るのもDi2(電動)化のなせる業。

 

 

変速ワイヤーが通っていた穴を利用し

コードをフレームの中へ引き込みます。

 

穴は2個⇒1個となる為、リヤブレーキの摂り回しから

コードはフレームの右側から。

左は部品(グロメット)でフタをします。

 

 

後ろの変速へ繋がるコードの出口にも

部品(グロメット)を取り付けます。

 

グロメットは、配線コードの固定や長さ調整に使われる部品です。

フレームに応じてブロメットの形を決めます。

 

 

電池はシートチューブの中に固定させるため

専用部品を用意しました。

この部品はTREKのミドルカーボンロード独特で、必要な部品ですね。

 

 

Di2(電動)パーツの取付けが決まれば

作動確認を済ませたら

 

コードを完全にフレーム内に収め

BB(ボトムブラケット)を取り付けます。

今回はココも

セラミックベアリングにグレード アァァァァァップ

 

 

もちろん

後ろ変速の台座もチェックチェック!!

 

 

各部品を取り付け調整し・・・・・

 

              ついに 完成!

 

 

 

いかがだったでしょうか?

『この1年、良く使った。』

『メンテナンスを2年以上してないなぁ。』という方・・・・

 

愛車のメンテナンスと一緒に

変速、ホイール、ハンドル・・・

グレードアップして自分仕様にカスタマイズ ヽ(^o^)丿

そして来年春に備えませんか?

 

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報