2018/11/09(金)

おすすめアイテム

総社店

ウィリエール2019年モデル続々入荷中!! GTRチーム Discの話

皆さんこんにちは。 先日私の愛用している「WAHOO(ワフー)」のサイクルコンピューターのアプリにアップデートがあったので、コンピューターともどもアップデートをかけたのですが・・・

 

すさまじい事が起こったので(笑)また次回ブログでご紹介しようと思っている草井がお送りいたしますWAVEBIKES総社店スタッフブログのお時間です。(笑)

 

本日はこちらのご紹介。

 

「ウィリエール GTR Team Disc」

 

2019年モデルでブレーキがディスクタイプになって登場したこちらのご紹介。

 

フレーム素材に46tと30tカーボンを使い分け、快適性を保ちながら必要な剛性は損なわないウィリエールの中ではミドルレンジに位置するカーボンバイクが2019年度ではディスクブレーキを搭載し、ホイールの固定方法もスルーアクスルを採用することで、足回りの剛性をアップして新登場!!

今回はカタログ上「レッド」となっている赤ベースのフレームカラーが在庫しておりますが、もう一色。

 

白と赤がキレイに反転した白ベースの「ホワイト」もラインナップしております。

コンポーネントは105かアルテグラを選ぶことができますが、フレーム単体の販売もございます。

 

 

 

ブレーキはその名の通りディスクブレーキ仕様になりますが、なんと完成車はワイヤー引きのディスクが標準となります。

 

上の写真の通り、ワイヤー引きのディスクブレーキとなりますので、レバーは通常のモデルが使用可能です。

 

 

力の少ない女性や雨の日もガンガン自転車を乗るユーザー的には油圧ブレーキに越したことはないのですが、個人的には油圧程ストッピングパワーのないワイヤータイプもコントロールしやすくてありかな??と思ってます。

 

 

そして油圧レバーになるとどうしてもワイヤータイプのレバーに比べて一回り大きくなってしまいますので、スマートなワイヤー式レバーも実はありだと思います。

↑↑写真のようにワイヤーで引っ張るタイプで間違いないのですが、実はこちらのブレーキ。

 

キャリパー部分にオイル室が付いておりワイヤーでればーを引いた後油圧に変換されます。

 

これにより左右のパットは均等に動きますのである程度のブレー能力の向上が期待できる!!

 

 

と、説明書にはありましたが実際乗って確認はできてないので、正直「ホンマかいな??」って印象です( ゚Д゚)(笑)

 

↑↑ディスクブレーキのロードバイクはいっつもここが気になる(笑)

 

あるべきところにあるものがない不安(笑) キャリパーブレーキのロードを見慣れている方ならわかって頂けるはず。( *´艸`)

 

通常自転車の写真を撮るときは右からとるのがかっこいいとされてますが、僕的にはディスクブレーキの自転車は

 

↓↓左からのアングルがエロい。( *´艸`)

ちなみにバーテープは通常黒色ですが、今回はオリジナル仕様という事でメタリックブルーに変更しました。

 

 

現車限りですが、あとから交換は通常の物を買って頂いてもできます。(一部アップチャージあり)

 

 

と、言った感じでやっと波に乗ってきた感じのするディスクロード!!

 

まずは汎用性の高いワイヤーディスクタイプから始めてみては??

おススメです!!

 

 

 

 

 

それでは本日はこの辺で。 また次回お会いしましょう!!

 

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報