2018/11/08(木)

おすすめアイテム

高松店

お尻の痛み改善?乗り手にあったサドルの選び方!フィジーク編

こんにちは、高松店のyoshikiです。

 

前回のセライタリアのサドル紹介に引き続き今回はフィジークのサドルのご紹介です!

 

フィジークのサドルはハッキリとイラストにてその人に向き不向きのサドルを紹介されています。

 

それ通りに使えば間違い無いのか?と言われるとそうで無い可能性もありますがいざ使ってみると結構ハマっていたので今回ご紹介させていただきます。

 

フィジークのサドルでは脊髄の柔軟性によって3タイプのサドルに分けられます。

このイラストを見ていただくとほとんど解説が必要なくなってしますのですがご覧ください。

皆さん、この前屈の姿勢をしてみてください。

それで床に軽く手が届くのか、全く届きそうに無いのかそれが基準となっています。

自分は床にペタッと手が届くのでこの中では座面がフラットな

「アリオネ」のサドルのタイプに属します。

そして実際に「アリオネ」を使ってみると試しでお店の駐車場で軽く乗ってみるだけでも結構しっくりきました。

そしていざ、寒霞渓を含むスタッフ小豆島ライドで使ってみましたが全く痛みなくライドを楽しむことができました!

自分は結構前傾が深いタイプで今までいくつかのサドルを試してみて最初は良くてもしばらくすると痛みが出たりすることも多かったのですがこのサドルはその心配もないくらいほとんど痛みも出ませんでした。

ただサドルの角度によってかなり乗りやすさが変わったのでそこの調整は必要です。

 

サドルにはサドル幅はもちろんですが人それぞれの体の柔軟性や乗車姿勢によってサドルの向き不向きは変わってきます。

 

そして細かなサドルの前後位置、サドルの角度などの調整によっても変わってきます。

調整に関しては当店スタッフまでご相談ください。

 

そして「WAVE BIKES高松店」では「フィジーク」のこれら3タイプのテストサドルをご用意しております。

 

 

セライタリア のサドル、我々スタッフのサドルも合わせると当店ではレンタル可能なサドルが軽く10種類を超えます。

ぜひ気になるサドルを試してみて自分にあったサドルを見つけて気持ちよくサイクリングを楽しみましょう!

 

テストサドルのレンタルご希望のお客様はいつでもお気軽に当店スタッフまでお問い合わせ、ご相談ください。

 

以上、高松店の高橋からテストサドルのご紹介でした!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報