2018/11/05(月)

メンテナンス

高松店

バーテープの巻き替え方【自分でできるシリーズ】

ニュートンシューズの営業さんが来店したときに何故かMIKIOがランシューズを注文していたのを不思議に眺めていたら、どうやら今夜の月曜ナイトランでランニングデビューするらしく驚愕を隠し得ません。タカシです。

と先にブログで全世界に発信し退路を断つ目論見です(笑)

 

 

そんなスタッフの日常はさておき、本日は自分でできるシリーズの第一弾(?)バーテープの巻き替え方です。ロードバイクのグリップ、バーテープは言わずもがなライダーに路面の情報を伝える重要なパーツであります。そして乗車中は常に触れている部分なのでやはりすり減って交換が必要になってきますね。またバーテープの色を変えるとマシンの印象もガラッと変えることができるカスタムパーツとしての側面もあります(*^_^*)

それでは早速やってみましょう!

【用意するもの】

・バーテープ、マスキングテープ、ビニールテープ等の端を止めるテープ、よく切れるハサミ

私はこれだけでやってしまいますが、大きな洗濯ばさみがあれば、一旦作業を中断できるので手順を確認しながら進めるときに役に立ちます。

向かって右は既に巻き終えています。これから左を巻きます。ペロンとブラケットフードをめくっておいて、、、

「ここまで巻くよ」という目印にマスキングテープを貼っておくと、左右均等に巻くことができます。

定規で測ってもいいですし、このように指の幅を目安にしても大丈夫です。要はハンドルの真ん中からバーテープの巻終わり位置が均等に来るように目印をつけます。

巻き始めはハンドルの内側から、下を通って上に巻き上げます。

テープの幅半分くらいをハンドル後端からはみ出させてまずは一周します。このはみ出し幅はテープの厚みやエンドキャップの大きさによって異なりますので、何度か試してみましょう。

2~3周巻いたところでエンドキャップをはめてみると、失敗が少ないです。

巻き終えてからエンドキャップをはめて、スカスカやきつくてはまらない、、、なんてことを避けられます。

あとは順繰りにテープを車体の進行方向に向かって反時計回りに巻いていきます。左ハンドルは反対に時計回りになりますね。

カーブの内側はテープ幅の半分くらい、外側は3分の2くらいを見せるように巻いていきます。これはカーブのキツさによって調整してください。

さてブラケット下まで巻いてきたら、ここからが難しいポイントです。

そのままの流れでハンドル内側通ってを上にテープを出したら、、、

いったん手前に下ろして、

前に持っていきます。これがポイントです。

そしてブラケットの根本がしっかり隠れるように巻いて、ハンドル上部のフラット部分へ巻いていきます。

フラット部分でテープを巻いていく向きが、車体の前から後ろになっていれば正解です。

目印のマスキングテープまで巻いてきたら、マスキングテープのラインにハサミを揃えてカットします。これで左右の巻き終わり位置がキレイに揃いますね。

写真がブレブレですみません(*´ω`*)

さあ仕上げです。まずはビニールテープ等で端を止めて、

バーテープに同梱されている化粧テープで仕上げて完了です。

今回使用したのは、リザードスキンのDSP2.5カモフラージュカラー税込み4,644円です。単色もあって、そちらは税込み4,212円です。

より詳しく、実際に挑戦してみたい方は11月11日(日)に高松店にてバーテープ巻き替え講習会を開催します。そちらへのご参加もお待ちしています。ではまた~(@^^)/~~~

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報