2018/09/24(月)

おすすめアイテム

総社店

ドマーネSL6 2019年 TREKの話

みなさんこんにちは。 最近ブログの書き出しを考えようとするとつい森っすの方を見て面白いことないか探しまう草井がお送りいたしますWAVEBIKES総社店スタッフブログのお時間です。

 

 と、いう事で今回も森っすネタです(*'▽')(笑)

最近僕も詳しいお客様に教えてもらいながら、UCIワールドツアーレースを見ているのですがそこで異様な強さを誇るチームスカイに「イガン・ベルナル」という期待の若手選手がいるのですが・・・(笑)

 

 

 

まずはこちら。↓↓

みんな大好き「森っす」の本体(メガネ)なしバージョンですね(笑)

 

 

そしてこちらが・・・

もri・・・ベルナルです(笑)

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

・・・

 

 

 

 

 

 

似てね??(笑)

ちなみにベルナル選手21歳のコロンビア人選手でございます。(笑)

 

 

それでは本日はこちらのお話です(・∀・)ニヤニヤ

「TREK ドマーネSL5 disc」

 

TREKの対パヴェ(石畳)最強兵器!! ドマーネシリーズのディスクタイプが2019年モデルでは、

 

シマノの新型105Discを装着してNEWリリース!!

 

 

レバーはオイルがレバー内部に入る分、若干大型化しますが

 

前年のモデルの事を考えればかなり小型化されスマートになっております。

 

そしてディスクホイールになるとリムが真っ黒なので一見カーボンホイールに見えるのもポイントですね。

 

 

キャリパーも105グレードで新型のフィン付きパットとなります。

 

ロード用フラットマウント規格で、統一されております。

ディスクブレーキのロードになると、あるべきところにブレーキがないので、ちょっと不安になりますね(笑)

 

ディスクブレーキになってもドマーネはドマーネなので、泥除けも付きます!!ちゃんとロードレースで使う事を前提として設計されていますが、 汎用性の高さもドマーネの魅力の一つです。

 

 

ドマーネほしぃ(*´ω`)

そして、ここはメリットに感じる方とそうでない方と別れるかと思いますが、 標準装備でリアディレイラーはロングゲージとなっておりまして、

 

11-34tの相当ワイドなギアが付いております。

 

 

インナーローの一番軽いギアだと比率が1対1になり、かなり軽いです。

 

その分たくさんペダルを回さないと進まなくなるので、ここは進みにくくても軽いギアが欲しい人と速く走りたい方とでメリットデメリットが分かれるところですね。

 

 

 

一人でのんびり走る事が多い方であればメリットしかないと思うので、ここは用途別でカスタマイズしたいところですね。

 

 

今後は更にディスクモデルが飛躍の年ですね。

 

 

僕も次買うなら・・・

 

 

 

そんなこんなで本日はこの辺で。 また次回お会いしましょう。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報