2018/09/18(火)

おすすめアイテム

総社店

キューブ CUBE の話

皆さんこんにちは。 昨日のブログについてお客様から「ディスられて森っすがかわいそう」派と「医者の息子の資金力怖い」派に分かれて行くのが面白くてしょうがない草井がお送りいたしますWAVE BIKES総社店スタッフブログのお時間んです。(笑)

 

 

森っスに人気者になってもらうために、どんどん彼のパーソナルデータをご紹介していこうと思います(笑)

手始めに・・・

↑↑「死んだ魚の目をした森っす」通称「デスフィッシュ森」。

こちらの画像はフリー素材としてお使いください。(笑)

 

ラインスタンプでも作ろうかな( *´艸`)

 

 

 

そんな部下思いの私がご紹介するのはこちら。

 

「CUBE ATTAIN SL(アテイン エスエル)」

 

1993年創業のまだ新しいメーカーですが、世界60か国に進出しており、日本にも数年前から代理店がつくこととなりました。

 

 

WAVE BIKESでも昨年より販売しておりまして、 カタログで見る限り本社は外観がアマゾンの倉庫みたいな建物がドイツにあるらしく(笑)ドイツメーカーならでわの高い設計技術とコスパの良さで、じわじわユーザーを増やしております。

 

 

↑↑アマゾンの倉庫にしか見えません(笑)

 

今回ご紹介はアテインのアルミモデルです。

 

ちょっとラインナップ的に位置取りがよくわからないアテインですが、カタログ上は軽量で乗り心地が良いとあります。 実際は。

何のこたぁないめっちゃ硬い(笑)

 

こんだけ硬かったら実はこれがハイエンド系なのかと思えばハイスピード用はプロコンチのチームワンティが使用する「ライトニング」という車種もあります。

 

 

アテインの位置づけがほんとに謎(笑)

 

 

 

まぁ良く走るエントリーバイクだと思って頂ければ。(´∀`*)ウフフ

前乗ったカーボンであの硬さならアルミはどないやねん(´゚д゚`)と思いながらよく見ると・・・

 

 

 

 

標準装備でタイヤ幅が28C・・・しかもコンチネンタルのタイヤだから空気入れるとタイヤ幅どう見ても32Cぐらいになってます(笑)

 

 

 

 

 

どうにもできない剛性をエアボリュームでごまかしているような・・・

 

いかんせんタイヤが太すぎて、デフォルトでは空気抜かないとタイヤが外れません(笑)(笑えない)

 

しこたま走ってタイヤを早め細くする事をお勧めします(*´ω`)

 

 

 

 

まぁそんな無茶苦茶な仕様でございますが、それを差し引いてもコスパが良い!!

 

 

 

アルミフレーム・カーボンフォーク・105コンポ(クランク以外)

 

 

でお値段が他メーカーと比べると2万近くお安いです( ゚Д゚)機能に引き続き圧倒的コスパです。

 

 

そして今回はこちらのコスパの良いバイクを総社店オリジナル仕様にて販売させて頂きます!!

まぁちょっとした事ではございますが、バーテープを少し良いものに巻き替えております。

 

 

 

通常はキューブオリジナルの黒単色のバーテープとなりますが、 シクロベイションのリフレクティブカラーに巻き替えました。

 

 

ちょっとした事ですが、だいぶ印象が変わりますね。

 

しかもコチラリフレクティブということで夜ライトが当たると光ります!!

夜の通勤でも視認性バッチリです!!

 

ギア比も初心者向けのかなりワイドなギアが標準装備ですので、ゆったりサイクリングや登坂もバッチリ対応します。

 

 

 

よく走るフレームの性能を活かして!!ホイール変えてレースや練習にもバリバリ対応します!!

 

初めての方でも安心の性能でございます!!

 

 

バーテープ特別バージョンは一台!! 在庫限りとなっております。

 

 

そして今日はもう一台ご紹介

 

 

 

「CUBE ATTAIN GTC SL」

 

 

続いてもアテインですが、こちらはカーボンモデルです。

基本的に形が一緒でいとも似てるので、違いが分かりにくいのですが持ち上げると圧倒的にGTCの方が軽いです。

コレが試乗会の時に乗って驚愕する剛性だったバイクです(笑)

 

 

ホイールも標準装備でフルクラムのレーシング77という謎ホイールが付いております。(笑)

コンポもブレーキ以外がアルテグラとなりますが、このスペックでお値段税込みで30万円切る驚異のコストパフォーマンス。

 

 

そしてこちらも総社店特別仕様にて仕上げました。

 

 

バーテープを巻き替えております。

こちらはどっかのデザイナー。 マイクジャイアントさんモデルの奇抜なデザイン!!

ボディの形は一緒のはずなのにアルミとカーボンで、だいぶ印象が違いますね。

 

 

 

といった感じで、ドイツのコスパの良いメーカーのご紹介でした。

 

 

日本でもまだまだ新しいブランドになります!!

 

乗り遅れないようにチェックしましょう!!

 

 

 

 

 

 

 

それでは本日はこの辺で。 また次回お会いしましょう!!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報