2018/03/16(金)

おすすめアイテム

高松店

【高松店】シマノ製パワーメーター!

高松店の高橋です。

ついにやっちゃいました(笑)

シマノ製デュラエースのパワーメーター内蔵型クランクを導入!!

箱もクランクが入っているだけあってデカいですよ~

そして箱の中から!

当然デュラエースのパワーメーター内蔵クランクが出てきました!(笑)

そしてこのクランクの良いところがバッテリーがクランク軸に内蔵されているということにより見た目がかなりスッキリ!!

そして、左右のクランクアームにセンサーがあります。

クランクアームの歪みによりパワーを計測するという仕組みです!

 

それでは早速取り付けをしていきましょう!

 

ウハウハ~~~~~~(笑)

まずは付属のマグネットをフレームに取り付けます

ちなみにマグネットカバーは白と黒が用意されています。

細かい取り付け方法はいくつか注意点があるのでそこは省略させていただきます(>_<)

なお、取り付けはお任せください!

 

そして、左右のクランクが端子でつながりました!!

ガーミンのサイクルコンピューターとの接続もすごく簡単です。

 

そして取り付けが完了しました!!

長くなりましたがいよいよここからです!

 

まずこのパワーメーター内蔵クランクで計測できるデータは

・パワー

・ペダリングスムースネス

・トルク効率

・パワー左右バランス

・ケイデンス

これらのデータが取得可能です!

 

そしてサイクルコンピューターとの接続はANT+による接続なので「ガーミン」、「ブライトン」などの人気のサイクルコンピューターとの接続が可能です。

そして、先ほど出た「ペダリングスムースネス」や「トルク効率」など

?????

となった方もいらっしゃると思いますので簡単に説明させていただきます。

まずは「パワー」!

これはそのままでペダルを漕ぐときの力の数値です。

 

次に「 ペダリングスムースネス」

これは正直よくわからないという方は多いと思います。

 

ペダリングスムースネスは%で表示されます。

その数値は

「平均パワー」÷「最大パワー」の数値です。

ペダルを1回転させるうちにパワーのかかり方にどれだけ波があるかということです。

ということでペダリングスムースネスは数値が低いほどいいことになります。

 

次にトルク効率。

これはパワーが自転車の推進力としてどれだけ伝わっているかを表しています。

つまり100%に近いほどうまく力が伝わっているということです。

 

そしてガーミンのサイクルコンピュータにはこのように表示されます。

そしてこのパワーメーターはリチウムイオンバッテリーです。

おおよそ300時間バッテリーが持ちます。

 

そして充電方法はこんな感じです。

モバイルバッテリーを使うといつでもどこでも簡単に充電が可能です。

そして、充電時間は約2.5時間です。

また、バッテリー残量はガーミンなどに表示させることが可能です。

 

このパワーメーターを導入することにより自分のペダリング、パワーなどを数値で解析することができるので楽しみが一つ、二つ増えます!

 

そして他メーカーのパワーメーターで可能なペダリングモニターなどの機能も今後システムのアップデートにより可能になるということを期待しましょう!!

 

そしてこのシマノ製のパワーメーター内蔵クランクはほとんどのフレームに取り付けが可能です。

 

これからはスピード、ケイデンス、心拍だけでなく

パワーペダリング効率ももとにさらにサイクリングに磨きをかけましょう!

以上、パワーメーターを導入して

ウハウハ!

ローラー練習もさらに楽しくなり早く実走したいとうずうずしている

高松店の高橋からのおすすめアイテムのご紹介でした!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報