2016/09/21(水)

お知らせ

岡山店

総社店

高松店

WAVE BIKESは安全のために、DAYライトの普及に努めます!

岡山店の佐藤です

突然ですが、ライトは夜に使用するでけのものですか?

答えはNO!です

当然の事ですが、夜に無灯火で走るのは法律違反で、危ない!と思った事は誰でも一度はあるかと思います。しかし、実際の事故のデーターをみると

”自転車事故の80%が日中に発生し、死亡事故の4割は後方からの追突事故”なのです

なぜ我々がDAYライトをオススメするのか?

それは、追突事故の場合は悲惨な事故になる確率がより高くなり、最悪の場合、死亡事故となります

こういった業界にいる故に、直接の知人ではないものの、追突事故で尊い命を一瞬にしてなくしてしまった話は全く聞かない事は残念ながらありません

なので、少しでも後方の自動車に自転車の存在に気づいてもらい、悲惨な事故を減らすためです

そういったリスクは車道を走るスポーツバイクである以上、誰にでも存在します

いつあなたがそういった目に会うかどうかはわからないのです

『何かあってからでは遅い。身近な人が悲しむ姿を想像したいですか?DAYライトをつけましょう』

 

当店がオススメDAYライトは、”FlareR”、”Flare R City”です

”Flare R”は主に郊外で、車が飛ばしたりできるようなシチュエーションまで想定したライトです
気持ちよく自転車で走れる郊外は、同時に車も気持ちよくドライブできると想定されます。

時速100kmで飛ばしてくる車であっても、視認距離が2kmもあるため、一度視界に入ればかなり遠くから事前に自転車の存在に気づく事が可能です

長距離を走るロードバイクには、必ずつけて欲しいライトです

また、よくお客様から質問されますが、他のメーカーのライトと何が違いますか??
確かに同等の明るさを持ったリアライトは他社でも存在しますが、最大の違いは不規則な光り方です

研究を元に、人間が反応しやすい、認識しやすい光り方をするため、遠くからでも目に入りやすいのです

続いて”Flare R City”です
Flare R Cityの視認距離は1kmです

Flare R と比べて明るさは半分程度ですが、Flare R 同様に不規則な光り方をするため、近くであれば直射日光が当たってもしっかり確認できます

主に街中のみで使用する方にオススメするライトです

決してFlare Rに比べて安いからといってこちらを買わないで下さい

あくまでも、自分が走るシチュエーションをに合わせて選んで頂く事をオススメいたします

私自身、はじめてこのライトを知ったときは、こんなに高いライトが売れるのか?

という心配しかありませんでした。

しかし、実際物を目にみた時、『何でこんなに良いものが今までなかったんだ!』とショックを受けました

私も10年以上もロードバイクに乗っていると、ひやっとした事は何度もありますし、実際に車に引かれた事もあります
一度怖い目にあえば、ヘルメットやグローブは当たり前のように必ず着用します

夜はもちろん、日中でも安全を高める事ができるアイテムがあれば、可能な限りつけて走りたい

TREKのジョンバーグ社長の言葉『聞き全てのサイクリストの安全性をもっと高める事ができる!』にある通り、スタッフ一同、DAYライトの普及に努めていきます!!

何かあってからでは遅い、身近な人が悲しむ姿を想像したいですか。DAYライトをつけましょう

後から来るスクーターの方がいち早く見つけて、進路を変更して下さってます。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報