2018/10/10(水)

イベント&練習会レポート

高松店

淡路島1周してきました(アワイチ)yoshiki編

こんにちは。高松店のyoshikiです。

淡路島サイクリングではとにかく変態軍団にしがみつこうと必死でした。

そして、、、

淡路島サイクリングの翌朝にはまさかの2時間走!

ほんとにのんびり走るつもりが周りがいいペースで走っちゃうのでついつい結構いいペースで、なんなら後半飛ばしすぎて

その結果、

定休日の火曜日には昼に起きて食パン一切れを食べてまた夕方まで寝てしまっていました。

寝ているだけにも関わらず、危うくハンガーノックになるところであった休日でした。

ちなみに晩ご飯はいくら食べても満たされませんでした(笑)

 

さて今回はWAVEBIKES秋のサイクリングイベントの1つでもある

「淡路島サイクリング」に行ってきました。

難易度別にいくつかのコースを設けていたのですが

今回自分はその中の1周コースの担当をさせていただきました。

 

まず早朝、高松店に集合して自転車の積み込みを終え、ミーティング!

まあ、ここでのミーティングの内容は主に準備物の確認ですね!

そして、気がつけば淡路島ハイウェイオアシス!!

 

ここで各グループのメンバー、コースなどの確認です。

そして1周コースの中にはDHバー装着のこんな恐ろしいコンビも!(笑)

この笑み、どんな巡行する気なのかと心配でしかありません(笑)

なんせアワイチのグループの中でも30km以下でなんか走りませんよ!

みたいな方が集まるグループの担当になってしまったんです、

いざ走り出すとほんとにそのつもりですよ!ってのがわかりました。

 

なんせ平地で先頭引いていて36〜38km/hぐらいで走っていて34km/hぐらいに速度が落ちてしまうと後ろから先頭交代のサインが聞こえてくるような集団でしたからね〜(-_-)

 

昼食は約75km地点だったのでそのちょうど半分ぐらいの洲本のコンビニでひと休憩!

のんびりしているとある方がパンク!

普段ならチャチャっとパンク修理なんてこなせるはずなんですが

周囲の冷やかしなどもあり約30分間の楽しいパンク修理タイムでした(笑)

 

ちなみにパンク修理はスムーズに作業が進めば10分程で終わりますのでご安心ください。

そしてパンク修理を終え、昼食を求めてそこまでノンストップ!!

休憩中に後続の1周グループが先に行ったので皆さん必死だったのでしょう。

グループ後方にいらっしゃった方がアップダウンの多い区間を終えたときには、、、、、

 

一応、ご本人の許可はいただいてたのだろうと思います(笑)

しかし、知らないうちに先に行ってしまったはずの後続グループよりも先に到着しました。

そしてここで各自、「淡路島カレー」、「淡路島バーガー」など好きなものをいただきました。

事前に予約を取ってはいたのですがメニューは当日皆さんが欲しいものを言ってください。とすごくありがたい店主です。

ロードバイクに乗られている方なのでその辺りの理解もあり、今後、淡路島を走るときはぜひ立ち寄ってみてください。

ボトルの給水もさせていただけました!

料理もほんと美味しかったです!

皆さんのこの表情!!

この後にまだ75km走らないといけないことなんてほとんどの方が忘れていたことでしょう(笑)

 

さーて昼食をとり、ここから少しのメンバーチェンジ!

快速急行グループに新たなメンバーを加え、午後の部スタートしました!

 

ここを出てからはまた少しの間アップダウンが続きます。

しかし皆さん流石です。

なかなかな激坂でもスイスイと登るんです。

キツイキツイ(>_<)

そして、坂が終わって平地で一息つこうと思っていると

ま〜〜〜〜〜〜〜た恐怖の変態巡行が始まりました(笑)

昼食後、合流した方もまさかの35km程走ったところにあるコンビニで後続グループにおりてしまいました。

かなり走れる方なのに流石にペースをかき乱されたのでしょう。

 

そんなの関係なく残り約50kmと知った他のメンバーはあと少しだ!という話になり、そこからさらにラストスパートが始まりました(笑)

 

とはいえ、このまま最後まで行ってしまうと他よりも早く到着してしまうと思い、寄り道!!

残り10kmぐらいのところにあるレストランでのんびり!

いろいろ食べるものもありましたが暑かったので

「ピンクグァバフロート」をいただきました。

ソフトの甘みとピンクグァバの酸っぱさが絶妙でした!

 

ここで他のグループとも合流してのんびり楽しんでいるうちに他のグループは通り過ぎて到着という連絡が!

 

え??

待ってたのに、と思いながら後少しをゴールを目指して再出発!

相変わらずここからもず〜〜っと40km弱のペースでした。

もうこの辺りでは一切前を引かずおとなしくしときました(笑)

ほんとそんな速度でも笑顔のメンバー怖すぎます。

(なお、こちらの写真は車載カメラにて撮影しております。)

今回、無事に怪我などなく皆さん完走でき一安心!

そして自分のいたグループは1周するにも関わらず「変態巡行」のとんでもないスピードもあり、走るだけでなくのんびりと楽しむ時間も取れて楽しいアワイチとなりました!

自分のデータは訳あって平均スピードが30km/hを下回っていますが、

このグループの平均速度は余裕でそれを超えてました(笑)

先日、1人でアワイチの試走をしたのですが、やはり何人かで一緒に走ると体力的にも精神的にもかなり余裕がありました!

ぜひ、来年の「淡路島サイクリング」ではこのグループの新メンバーの加入をお待ちしております!(笑)

 

次は地獄の小豆島寒霞渓十文字斬りです。

まずサポートなどする余裕はないのであらかじめここで宣言させていただきます!

 

誰も苦しそうなyoshikiは煽らないでください!(笑)

 

以上、高松店の高橋の「淡路島サイクリング」のレポートでした。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報