2018/10/05(金)

メンテナンス

岡山店

メンテナンス パンク 編

岡山店のいけどんです。

最近お持込されました修理や、自分のバイク修理経験をご紹介するコーナー。

 

今回ご紹介すのはコチラ、パンク修理。

 ひとくちにパンク修理と言いましても原因はさまざま。

 

症状:『今朝、空気が少ないと思って、タイヤに空気を入れたけれど短時間*しか保たない』

  *穴の大きさによって空気が保持される時間は左右されます。

   場合によってですが、長いもので1週間掛けて空気が抜けちゃうなど

 

 

今回ご紹介する事例は・・・

症状:空気を入れたそばから抜けちゃう。

   空気を入れるバルブ辺りから『シューシュー』音がする。

 

写真を観ても、特に穴らしきものが判りにくいです。

いったん空気を入れてみて、それでも判らなければバケツに張った水に漬けてみて・・・

でも、こうしてやるとほらっ

 

 

バルブとチューブの繋ぎ目、根元の部分に穴が潜んでる。

 

お客様からお話を伺っていると

1つ原因と思われることが見つかりました。

 

それは、ナットの締めすぎ。

空気をタイヤに充填するたびに、

このバルブナットをしっかり締めていたそうです。

 

修理方法:チューブ交換となります。

 

 

パンクしない為に

タイヤに適正圧まで入れていたけれど

良かれと思ってしていた作業が実はパンクに至ってしまった。

 

バルブナットにはいろんな目的のために使用されるので

必要と考えますが、

どうぞみなさん、バルブナットの締めすぎにも注意してください。

 

今回のご紹介はココまで。

 

『いつもと違う』に気が付けば、どうぞご相談くださいませ。

皆さんのご相談をお待ちしております。

 

注)バイクの症状により短時間で直るものや、

バイクをお預かりして検証しなければいけないものなど様々です。

また、

特殊な部品を使用していて、部品のお取り寄せや取り付けに

時間が掛かるのももございます。

緊急の場合でも症状によっては

イベント終了後に再度お持ち込みをお願いする場合もございます。

予め ご了承くださいませ。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報