2018/10/04(木)

メンテナンス

総社店

SCULTURA 700 グレードアップの話。

みなさんこんにちは。 先日ついにぶっ壊れそうなマイカーが中古のホンダの軽バンに変わったのですが、元が商用バンだったこともあり、内装もくそもないような鉄板に回り囲まれてるような車だったのですが、まぁ中広くて自転車いくらでも詰めそうだしいっか~

 

 

と、軽い気持ちで考えていたのですが昨日半日車を止めてただけで・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アレ??僕買ったのって、でっかいオーブントースターだっけ??(´゚д゚`)

 

って言うくらい温度が上がっていたので慌てて自転車を引っ張り出しましたが、時すでに遅し・・・

 

 

 

チューブレスタイヤパンクしてました。(´゚д゚`)チーン。

まぁ熱が原因ではないと思いますが、以前ブログに書いた通りパンクしたらめっちゃ困りました(泣)

 

 

出先じゃなくてよかったー( ゚Д゚)

 

 

そんな草井がお送りいたしますWAVE BIKES総社店スタッフブログのお時間です。

 

本日はこんなバイクのご紹介。

「メリダ スクルチューラ700」

 

 

コストパフォーマンスが高い事で有名なメーカー メリダのハイエンドアルミモデル・スクルチューラ700をパーツ交換でグレードアップさせて頂きました。

 

 

少し前のモデルなので今は若干ワイヤールーティングが変わってます。

いちおうメリダのモデルの中ではオールラウンド系になりますので、登りも平地もそつなくこなすスーパーバイクです。

 

 

元々はフル105コンポーネント(5800系)完成車だったのですが、なんやかんやパーツを変え出して原型が分からなくなってきたので、コンポが半分以上交換となった今のタイミングでご紹介です(笑)

まずステム・シートポストを交換させて頂きました。

 

モデルは「デダ」の「ZERO100」をチョイス。 こちらもデダのハイエンドアルミパーツ。

 

もはやアルミにこだわりがあるとしか思えない仕様です(*´ω`)

ハンドルはシャローがカッコえぇ!! と、いう事でシャローっぽいコンパクトハンドルに(笑)

 

下ハンが長くて、ドロップの浅い日本人受けしやすそうなDixnaのハンドルをチョイス。

 

 

もちろんアルミです(*´ω`)

 

 

そして今回のメインイベントはこちら。

シフトレバー リアディレイラー フロントディレイラーの3つをシマノの最高級コンポーネントデュラエースに交換致しました!!

 

クランクとブレーキは純正の105のままより効果的な部分を交換いたしました。

 

シートポストとステムでだいぶ高級感が出ましたが、一見分からない部分も実はお金がかかってます!!

 

ここまですると、ホイールが元々DTスイスのホイールが装着されてることもあり・・・

同社のエントリーグレードカーボンフレーム完成車より余裕で軽い!!

まぁ当然その分お金もかかっているのですが(笑)

 

アルミの剛性感が好みの方はこんなお金のかけ方も良いのではないでしょうか??

 

ここまでくるといつかわカーボンフレームに乗せ換えて・・・とも思いますが、あえてアルミ!!

 

これはこれでありですね(*´ω`)

皆さまもこだわりのグレードアップ。 ぜひご相談下さい!!

 

 

 

 

それでは本日はこの辺で。 また次回お会いしましょう!!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報