2018/10/04(木)

おすすめアイテム

高松店

トレック最軽量バイク「エモンダSLR」

先日の休みに、初めて香川の山道へロードバイクで走りに行ったところ、大量の野猿に遭遇し度肝を抜かれました。タカシです。

うどんだけじゃない香川県、奥が深いです。

さてさて今日はその折に使用した、ヒルクライム向け軽量バイクのご紹介です。岡山のY田さんおまたせしました~、エモンダ褒めちぎりますよ(笑)って前回もこのネタから始まりましたね。

ちなみに前回はH2フィットのややハンドル位置が高いフィッティングでしたが、今回は念願のH1フィット、ハンドル位置をかなり低くすることのできるフィッティングで、香川のヒルクライムに挑みます。

どうですか、この短いヘッドチューブ。どうせなら一番下までハンドルを下げても良かったのですが、最初なのでちょっと控えめ(?)です。

そしてホイールはアイオロス5をチョイス、これでエモンダが苦手と言われる巡航性能もバッチリ(?)です。

まず驚いたのは、前回試乗したときにはあまり感じなかった平地の巡航性能の良さです。これはホイールの違いと、H1フィットで自分のポジションが出せて乗りやすかった点が影響していると思われます。

漕ぎ始めの軽さや加速感、そして登りの楽しさは期待通りの乗り味です。初めて登る峠なのでとりあえずペースは押さえ気味にしますがスイスイ進みます。途中でダンシングを入れても素晴らしい反応を見せてくれ、ちょっとこれは自分の能力を勘違いしてしまいますwww

 

なおブレーキは「例のブレーキ」の上位グレードにしてみました。何かとシマノと比べられてしまう「例のブレーキ」ですが上位グレードのSpeed Stop Proは効きもしっかりしていて、高松方面へ帰ってくる時の下りでもしっかりとコントロールできました。なによりデュラエースのブレーキよりも軽い!のが素晴らしい。

トップチューブにはフラッグシップモデルの証「SLR」

ダウンチューブにはトレックの最高峰カーボン、OCLV700のロゴが誇らしげに(☆ω☆)

黒と赤で非常に引き締まった印象ですね。ちなみにこのマシンはフレームでの販売だったのですが、実はフレームの注文前に

「あっ、赤のシートポスト在庫ある、、、。」

と思って先にシートポストを注文してしまいました(笑)

という経緯で出来上がった、yoshiki曰く「シートポストから生えてきた自転車」のお披露目はいつになるでしょうか、ご期待(?)くださいね。ではまた~(@^^)/~~~

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報