2018/09/13(木)

おすすめアイテム

高松店

【高松店】ロードバイクの電動化!シマノDI2へのカスタム

こんにちは。

高松店のyoshikiです。

今までは岡山↔︎高松で瀬戸内海を挟んでタカシ↔︎yoshikiでいじり合ったりしてましたが、気付くと2人とも高松になりブログ上でいじり合うのには何か違和感が......(笑)

そんな2人のやりとりに興味がある方はぜひ店頭でお楽しみください。

とか言ってピリピリしてたりして〜っていうのは冗談として(笑)

 

 

今回は「マドン9」の機械式コンポーネントを電動コンポーネントに組み替え依頼があったのでそのご紹介をさせて頂きます。

 

まず元々は機械式アルテグラ仕様でした。

見ての通り機械式アルテグラですので変速機にはワイヤーが通っています。

そして「マドン」で特徴的なのは写真2枚目の部分です。

フレームのダウンチューブなのですが何やら不思議な感じですよね〜?

実はこれはフロントディレーラーのワイヤーの張り調整を行うアジャスターボルトになっているんです。

マドンは究極のエアロロードということでワイヤーがフレームの中に入っています。

そして電動コンポになることでワイヤーがコードに変わります。

「マドン」の組み立ては電動が簡単だ!と思いきや、正直機械式も電動も組み立ての難しさは変わらな〜〜〜〜〜い(笑)

 

ただ1つだけ例外があって「スラムetap」はものすごく簡単ですから

「etap」への組み替え大歓迎です!

なんせワイヤレスのコンポだからワイヤーもコードも通さなくていいんですよー

 

おっと、今回はあくまでシマノDI2のご紹介でした(笑)

 

 

さてさて、頑張ってコードをハンドルやらフレームに通していき組み立てていきました!

ダウンチューブにあった窓は少し変わります。

ここにはDI2ではリモコンの役割を果たす「ジャンクション」が内蔵されています。

これをパカッと開いて充電をします。

そのほかにシンクロモードやセッティングのモードにしたりなどの切り替えもここで操作できます。

バッテリーもこの下に潜んでいます。

そして各パーツも電動アルテグラに変更されました!

電動になるとシフトレバーのボタンをポチッと押すとギアが変わるという感動モノ!!

 

使ってるうちにワイヤーが伸びて変速の調子が悪いなんてこともなくなります。

登りでギアがうまく変わらないこと以上にストレスを感じることはないですからねー......

 

そしてガーミンなどのサイクルコンピューターと接続することで自分がどのギア比をよく使うか、何回変速をしているかなどのデータも得ることができます。

そして電動コンポならこんなことも!

下ハンドルの部分に何やらスイッチが。

その名も「スプリンタースイッチ」

これを取り付けることで下ハンドルを握った時に持ち替えたりせずに変速ができるようになります。

その他にも上ハンドルでも同様に変速をできるようにする

「サテライトスイッチ」というものもあります。

電動になるとこのようなカスタムもできるのでいいですね〜

 

電動ほんといいですよ〜!!

店頭にも電動コンポの試乗車ございますのでぜひ体験してみてください。

 

ちなみに今は新型マドンSLRの話題で大盛り上がりですが「マドン9.0」「マドン9.9」もまだわずかながらメーカー在庫がございます。

「マドン9.0」を買っておいて後々電動化というのもありですね〜

 

もしくは「マドン9.9」というハイスペックな仕様をドカンと!!

まあyoshikiなら迷うことなくドカン!!!と初めからハイスペックのものを選ぶでしょう(笑)

 

以上、シマノ電動コンポDI2のご紹介でした。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報