2018/07/06(金)

おすすめアイテム

総社店

自己満でいいじゃない(´・ω・`) アルカンシエルの話

皆さんこんにちは。 先月くらいから店で勝手に飼育しているザリガニが二回目の脱皮を経てめっちゃキレイな色になって来たので、思わず水槽を大きくしてしまいマスマスカウンターの上で幅を取り出したことに、いつか代表に真顔で「持って帰れ。」と言われそうで、危機感を覚えている草井がお送りいたしますWAVE BIKES総社店スタッフブログのお時間です。

 

もぅそのうち「ろ過機」と「ライト」も付けてコンセントまで浸食してしまいそうで怖い( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

それはさておき本日は。

 

雨で自転車乗れないので、つぃつぃいじって無駄にパーツを変えてしまったのでご紹介。(笑)

「ウィリエール チェント10Air

 

 

今さらですが、チェントディエチエアーと、読みます。

 

つい先日、ステムとハンドルを専用品から通常規格に戻したスタッフバイクです。(*´ω`)

 

 

ポジションはとりあえず今の状態の僕にはちょうど良い感じになったので、次の問題です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ポジション問題の次に浮上したのが。

「ギア比問題」( ゚Д゚)ガガーン

 

 

 

これも走る上で結構大事な問題です。

 

まず前提として。

 

 

 

 

ロードバイクとは、基本的に前のチェーンリングと後ろのホイールについているスプロケットの歯の数の組み合わせで、速度やケイデンスを調整して乗る乗り物です。

 

 

基本買ったばかりの自転車はバリバリのレーシングモデルを除き、初心者でも走りやすい(軽めの)ギア比になっております。

フロント50-34T    スプロケ11-28T 

 

既に何言ってるか理解できてない方もおられるかもしてませんが、(笑)

 

 

最近だとこの辺が一般的なギア比になりますかね。

 

 

 

 

 

簡単に言うと、

 

前2枚のギアの歯の数(ギザギザの数)が

50個と34個の歯車

 

 

 

後ろ11枚のスプロケットの歯の数が

 

11個の歯車で始まって、最後のギアが28個の歯車で終わる。と、いう事です。

 

 

 

こんな感じで分かりますかな??

最近ではスプロケットに標準で11-34なんかが入ってる超楽々ギアが

 

付いてる場合もありますね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お客様とお話しさせて頂いてると、

 

 

よく

「クロスバイクとロードバイクって何が違うんんですか??」

 

 

 

と、聞かれることがありますが まぁ色々違うところはある。むしろ違う所しかないのですが、(´∀`*)ウフフ

 

まず先ほどご説明したギア比が全然違います。

 

〇クロスバイクはかなりのんびり走るためのギア比(スピードは出にくいけど楽ちん)

 

 

〇ロードバイクは 加速しやすく、その速度を維持しやすいギア比(しんどいけど速い・・・ちょっと違うか??(笑))

 

 

みたいな感じになってます。(*´ω`)・・・あってる??(笑)

 

 

 

 

まぁと、いう事で僕の自転車にもギア比合ってない問題が発生しております。(話下手か(笑))

 

 

2台所有してるうちTREKマドンが空気抵抗の低いエアロフレームだったので、平坦用に52-36 11-28で組んで、

 

 

問題のウィリエールはフレームがマドンより軽いので、「山岳用に」と思って50-34 11-28で組んでたのですが、

 

 

気付けば52-36が意外と回せる(自分比(笑))ようになって来たので、逆に違和感んががが( ゚Д゚)

 

 

 

 

 

と、いう事で・・・

 

 

クランクが変わりました(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん52-36Tに交換し、もぅディープリムとか入ってるしいっそ山の事は一回忘れよう(*'▽')

という結論になったので、前52-36   後ろ11-25のちょっと平坦仕様に交換しました。

 

 

 

 

 

 

 

 

ちなみにもぅこの自転車。メインコンポがシマノなのかカンパなのかスラムなのかよくわかんなくなってきてるのですが。

 

勿論 互換性はメーカー的には無し、「とりあえず動く」ので自己責任で装着させて頂いてます。

 

 

 

 

お客様には声を大にしてオススメはできませんが、使った感じ正直 最初期のロータークランクの100倍変速が決まるようになりました。(あくまで個人の感想です(笑))

 

 

まぁイロイロやってみるのも店員の仕事かなと。

まぁとりあえず一回家までこれで帰宅したのですが、今の所変速も問題なく違和感のあったところは改善され、むしろ後ろが11-25になったことで、より間が飛ばなくなったので走りやすいです(*'▽')

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ポジションもそうですがこれも大事なポイントですね。

ギア比の選択はコースや用途に応じて変えるのがツウのやり方ですので(笑)皆様もご相談くださいませ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして乗っての違和感がなくなったのであとは見た目の話(笑) と、いう事でこんな感じになりました。

 

 

 

まずはビフォー↓↓

 

 

 

 

そして、アフター。↓↓

コラムスペーサーをアルカンシエルカラーにチェンジしましたー。

 

 

 

 

 

 

5色の輪っかで5大陸を意味していて、フランス語で「虹」を表す言葉だそうです。

 

 

 

 

ロードレースでは世界選手権で優勝した選手に贈られるジャージにこのアルカンシエルがプリントされております。 

現アルカンシエルはみんな大好き「ペーター・サガン」選手ですね~

 

 

 

↑↑こう並べると、自転車以外のオリンピックとかでも見たことある感じですね。

 

 

まぁ別に僕が世界選手権とったわけでも、サガンの超絶ファンというわけでもないのですが(笑)

 

 

単純に色が好きなのでこんな感じにしてみました(*'▽')

実は1号機のマドンも最初っからアルカンシエルスペーサーにしてたのですが、

 

ウィリエールが専用ステムでカラースペーサー入れられなくて断念してたのですが、ここにきて普通のステムに変わったので(笑)

 

満を持してアルカンシエルに。

 

 

 

 

これで速くなるわけでも軽くなるわけでもないのですが・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気に入ってるからいいんです(*'ω'*)

 

自己満だっていいじゃない( *´艸`)

 

 

 

 

 

 

皆様も何でもご相談下さーい。

 

 

 

 

それでは本日はこの辺で。 また次回お会いしましょう!!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報