2018/05/10(木)

スタッフの日常

高松店

【高松店】大山サイクリング YOSHIKI版

高松店の高橋です!

今回はGWに開催されたWAVE BIKES恒例の大山サイクリングのレポートです。

すでに他のスタッフもレポートをあげていますが僕が担当したグループを中心にレポートします。

 

「8時だよ!スタッフ集合!!」

スタッフだけで集まり入念なミーティング、そして

魔のグループ分け!

大山サイクリングが初めてだった僕にとって

朝一にしてここでの出来事がこの日最大の出来事でした

 

 

ほんと事件です!

参加人数が多いサイクリングイベントではいくつかのグループに分かれてそれぞれグループごとのペースで走ります。

そしてそのグループの担当スタッフを決めるのです。

 

大山サイクリングが初めての自分は当然、ボチボチと走るグループを担当してのんびりと皆さんが頑張っている姿をカメラで捉えながら走ろうとちょっと余裕をかましてました。

 

しかしここで問題が起きたのです!

「基本は去年と同じで!」

と言われて初めての自分は?

と思っていた時に

一番速いグループ担当が佐藤店長1人。

これはまずいと思っていると悪い予感が当たりました。

 

「高橋くんはAグループじゃ!」

「え?????   え!?!?!?!?」

 

Aグループには会ったことがなくても速いことで有名で名前を何度も聞いたことがあるような変態さんが集まるグループ!

 

最初はAグループというのは冗談で少ししたら誰か他のスタッフがAグループに決まるだろうとまだ気は緩んでました(笑)

しかし、みんなまるで他人事かのように笑っているのです、

ここで初めて恐怖を感じました。

「高橋がどうなろうと関係ない」みたいな雰囲気!

 

この時はこのぐらいしか思っていませんでしたが終わってから考えるとなぜ全員が他人事だったかわかりました。

ズバリ何かを言って自分がAグループの担当になるのが怖いから!

と勝手に思いました(笑)

多分間違ってはいないはず。

 

あの時のスタッフ全員の冷たい笑いは来年の大山サイクリングまで忘れられないでしょうね〜(笑)

 

と長くなりましたがまずは全員集まって安全に走るための注意事項などの確認!

さーいよいよグループに分かれてスタートです!

何度も言いますが僕は今回、大山をスイスイ走るAグループの担当です(笑)

長袖インナー、長袖ジャージ、ウィンドブレークベスト、レッグウォーマーに半パンという僕は

スタート前に、グローブ無し、半袖、半パンにウィンドブレーカーという超かっこいいオカモト店長を大丈夫かなーと心の中で思っていると心の中が読まれたのか、

「今俺のことをバカだと思っているやつ、30分後には俺が正しいことに気付くだろう」というようなことをズバッと言われました。

いやいや、寒がりの自分には関係ないな〜〜〜と軽く思っていました(笑)

しかし、そんな寒がりの自分にもその言葉の意味がわかりました。

大山は本当に噂通りで、登りと下りしかない!

走り始めて20分後ぐらいのこと、

ウィンドブレークベストいらな〜い(笑)

 

その10分後、グローブいらなーい(笑)

 

結局、寒がりの自分でもこんなことに、

正直インナーも脱ぎ捨てたい気持ちでいっぱいだった(>_<)

レッグウォーマーはそこまで気になりませんでしたけどね、

 

と言うくらいいきなりとにかく登って下っての連続でした。

 

途中でAグループ全員の到着を待つAグループの中でもかなりの猛者たち!

 

 

 

ここからのAグループの目標はとにかく後続と間をあけて、いち早く昼食を!

そうしないと昼食が混んでしまってかなりの時間を待たされてしまう!

と言いつつも単純に早く食べたいからと言う気持ちがあったのは僕だけではないはず(笑)

 

そして昼食前に、高く遠くに見えていた頂上付近でパシャり!

そして、動画撮影の準備バッチリだった高橋は、皆さんの撮影のため先頭に行ったり最後尾に行ったり、時には山からの景色の撮影と影で動いていたんですよ!

ちょっとアピール(笑)

そして待ちに待ったもぐもぐタイム!!

ここでは1500円ジンギスカン、豚肉、ご飯、カレー、サラダなどが食べ放題!!

1日7食の私、高橋にとっては最高じゃん!!

と思う方、大間違いです!

基礎代謝が異常に高いだけで実は結構少食なのです、

 

要するに

燃費が悪い原付!

がっついてるようなこの写真も実は苦しい(笑)

食べ放題に一番向いていないんです、、、

 

さて、切り替えてここから午後の部スタート!

 

 

 

佐藤店長は

「ここからは全然楽ですよ、それに途中で止まって写真を撮ったり休憩しながら行きますよ」

と言いました。

半日サイクリングを共にしただけでわかりました。

 

これは半分は嘘だと!

 

やはりそうでした。

確かに途中で写真を撮ることもありましたが途中で休憩というのは

Aグループの先頭集団が後続を待つというようなもの(笑)

というのは半分冗談でキツそうな方がいらっしゃるともちろんしっかり休憩を挟みます!

 

 

そして徐々にAグループがバラけていき自分は最後尾につきました。

終盤のつづら折り、昼休憩の時に聞いてはいましたがなかなかの斜度でまあまあきましたねー(笑)

それを登り切ってひと段落と思っていると

 

 

 

 

ズドーン!!

長〜〜〜〜い直線の登りが見えたのです。

これもちょっと話を聞いていたので心の準備はできていました、

 

しかし、そんなの知らないよ〜という方にはまさに地獄!

ここでメンタル崩壊というかた多いはず。

実はそこで緊急事態があったのですが、立ち止まっているところに

坂の下から

黒のステップワゴン

 

代表〜〜〜〜〜〜!!!

と嬉しすぎて思わず叫んでしまうほどのナイスタイミング

そこで残り2km程に備えてしっかりと給水をしてもらい無事最後まで走りきることができました!

そしてその後、他のグループの皆さんのゴールの瞬間をしっかりと応援しました!

これはAグループのもう一つの役割!

TEAM WAVEの全員が頑張っている!

必死で最後の辛いところを明るく応援

これだけでも10Wは力がみなぎるはず!(笑)

 

そして今回、カメラを前後につけて走っていたのでしっかりとムービの素材集めも出来ました!

ぜひご覧になってください!

スタート前にオカモト店長が僕のEmondaを結構乗り倒していたので

気に入ったのかな〜と思い

「どうですか?」と聞いてみると

「Emondaの軽さが、、、、」

と言われました。

そうなんです、カメラを前後につけると流石に一気に重くなる、

辛いんですけどこの動画が完成した時、頑張った甲斐があったと思いました(笑)

 

今後もカメラは前後標準装備!

 

長々となりましたが今回の大山サイクリングを通して思ったこと!

 

キツイ!けど

それ以上の達成感自然への開放感!!

 

来年はもっと多くの高松店のお客さんと一緒に走りたいです!

これは心の底から願っていますので皆さん

来年は参加しましょう

 

趣旨は大山サイクリング!

ではなくて、ジンギスカン食べ放題のためにそこまで自転車で走るだけです(笑)

 

以上、高松店の高橋の大山サイクリングの体験レポートでした!

 

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報