2018/03/10()

おすすめアイテム

総社店

KNOG Oi ベルを取りつけよう!

総社店の佐藤です!

ご存知の通り、ベルはつけないといけないものだと認識されている事が多いですが、ロードバイクにはつけない、というのが常識のように通っているのも事実だと思います。

そもそもベルはどんな時に使うのか??
そもそも絶対につけないといけないのか?

道路交通法54条によると

①警笛を鳴らさないといけない場所(道路標識等により指定された場所)で鳴らさなければならない
 ⇒鳴らさないと罰金対象ですが、実際には見通しの悪いとこや峠とかしかそのような看板はありません。
②車両等の運転者は、法令の規定により警音器を鳴らさなければならないこととされている場合を除き、警音器を鳴らしてはならない。ただし、危険を防止するためやむを得ないときは、この限りでない。

ん~~~②は後半の文章の解釈がなんとも言えませんが、少なくとも人がいて邪魔な時に鳴らしてはいけないですね

え!?でもつけないと違反!?

答えは、「第54条を満たすためにはベルを取り付けなくてはならない

ん?じゃあ鳴らさないといけない所を通らなければ付けなくていい?

ん~これはもう正直正解がわからないというのが正直なところですが、こういった規定も各都道府県で細かく条例化されている事もあるようです。

もうこれはSNSで議論すると炎上しそうな臭いがしますが、私は、ノグのOiを始めました!

 

 

動画では普通に突然ベルを鳴らしていますが、これも道路交通法では違反ですが、海外動画なのでご了承下さい。。。。

どうでしょうか?
見た目もすっきりカッコよく、音ももう一度聞きたくなるくらいきれいです♪

鳴らすのは、警笛の義務がある場所か、道路でない場所でお願いします。

決して人に対して鳴らしてはなりません。

という事で、総社店にはカラーも規格もフルラインナップで在庫していますので、ご来店お待ちしております!

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報