2017/11/13(月)

スタッフの日常

岡山店

サドルバッグの中身はなんじゃろな?古財編

こんにちは。

ザ○ザグの発音がちょっと気になる?岡山店のございでございます。

大人気企画!?スタッフのサドルバックの中身公開記事で~す。

僕は季節によってサドルバックを使い分けてます。

 

 

 

 

 

夏はボトル2本体制なので基本的にサドルバックを使いますが、

冬はボトル1本+ツールケース1個を使っています。

 

【左の写真はお盆休みに福岡~松山経由で岡山まで帰って来た時の装備です。】

ツールケースのサイズ感はこんな感じ!

ツールケースのサイズはスマホより少し大きく筒型になってます。

僕は長距離を走ったりするのが好きなので自転車屋さんが少なくなる地域なども走る可能性があるので

いろんなトラブルに備えて修理道具なども詰め込んでいます。

当然ヒルクライムなどの場合荷物を減らす事もあります。

ツールケースの中身公開!!

①携帯工具

②携帯空気入れ

③タイヤレバー

④手袋

⑤小物類

⑥チューブ

⑦タイヤブート

⑧おしぼり

までは他のスタッフと同じようにパンク修理に必要な物を入れてます。

の手袋はパンク修理の時やチェーントラブルの時または寒い時や雨の時にも役に立つので入れてます。

のチューブは100kmまでは1本100km以上は2本を目安に入れてます。

のおしぼりは怪我した時に使えるので、入れてます。

小物類はこんな感じ!!

⑤の小物類の中身はこんな感じです。

 

①ミッシングリンク(クイックリンク)

②バルブ変換ツール(仏→英)

③バルブエクステンダー抜き

④ディレイラーハンガー

⑤パンク修理パッチ

⑥ボタン電池

①ミッシングリンクはチェーンが切れてしまった場合にチェーンを繋ぐものです。

②仏式バルブを英式バルブに変換してくれるバルブです。

シティサイクル用の空気入れでも空気を入れることができるようになります。】

③ディープリムホイールの場合バルブの長さを長くする

④ディレイラーハンガーが折れてしまった場合に交換用です。

⑤パッチは基本的にパンク修理の時はチューブを交換しますが、

チューブを使い切ったときのために入れてます。

⑥ボタン電池はサイコンだったり、センサーに使うので念のため入れてます。

 

僕は大体このくらい詰め込んで走ってます。

このアイテム入れてると便利だよなどあれば是非教えて下さい!!

 

今週日曜日【19日】に開催予定の小豆島サイクリングが不安でしかない古財がお送りいたしました。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報