2017/08/10(木)

スタッフの日常

高松店

【高松店】TREK WORLD 試乗レポート byわたなべ

こんにちは高松店スタッフ渡辺です!

先日、年に1回のTREKの大展示会

「TREK WORLD」

に行ってきました!その中で新型EMONDA SLRノーマルステムに対応したMADONEなど注目のバイクの試乗をしてきましたので、試乗編とパーツ(ボントレガー)編に分けてレポートを書いていきたいと思います!

移動の話はしょっぴいて早速会場に到着です!

到着後すぐにトレックジャパンによるさまざまなプレゼンテーションが始まります!

今回は超スペシャルゲストの登場もあり毎年のように驚きと興奮を与えてくれます!!

プレゼン終了後、スタッフを各班にわけ状況開始!

僕は試乗班に任命されましたのでいち早く着替えて即試乗会場へ!

あまり人も多くなかったのでまずは一番注目度の高いEMONDA SLR8に試乗!!!

すでにフレーム重量が700gを切る超軽量モデルですが、

今回のエモンダSLRはH1フィット56サイズでなんと640g!!!!

従来モデルより50gの軽量化を図りました。

見た目もよく見ると大きく変わっていてトップチューブやシートチューブは角ばった印象を受けました。

もちろん軽さを追求すればフレームの性能として犠牲になる部分があるので単純に軽ければよいというものでもありません。ということで実際に乗って体感してみました!

早速試乗コースに出て全開走行開始!

少し乗っただけで従来のエモンダよりも明らかにペダリングに対しての剛性が上がっていて、雑な乗り方をしてもしっかりと推進力に変わっているのを実感しました。どんな踏み方をしてもよく進みます。これは今までのEMONDA SLRには無かったものです。

試乗コースのアスファルトが結構荒れてたりというのもあってかなり振動を受けていましたが急な突き上げや振動が続くところで非常に乗りやすくなっていました!

僕自身TREKのバイクで唯一EMONDA SLRには「硬い」というイメージがあったのですが今回大きくその考えが変わりました。

もともとハンドリングのキレもよかったのですが、今までのモデルだとフレームとのバランスがいまいちでやや怖い印象がありましたが、人馬一体を感じられるくらい気持ちの良いものになっていました。

気が付けばポジションの微調整をしてさっさと2周目を走っていました(笑)

実はこのEMONDA SLRにはディスク仕様があるのですが、個人的にはそれがかなり気になっていたり(笑)

ヒルクライム性能に特化していたような先代モデルに比べてホビーレースやロングライドで使いたくなる扱いやすいものになっていました!

 

そして次はこちら!

 

 

MADONE9.0

 

フレームの変更はないですが、すでに究極のエアロフォルムを実現したマドンがノーマルステム対応になり、DHバーの取り付けが可能になったり、自由にハンドル、ステムを変更できることによりトライアスリートやポジションのこだわりがある方(某店長にような方)のニーズにこたえたモデルです!

試乗車すべてにDHバーが取り付けられていたので問答無用で初のTTバーデビュー(笑)

TTバーのぶんだけ重量が重くなるので漕ぎ出しは重いですがドストレートでTTポジションをとれば楽~~~に加速していきます!

登坂のダンシングも振りは重くはなりますがもともとロードバイクなのでTTバイクよりは確実に反応性が良いです

また日々の練習もTTバイクだと練習コースや乗る場所を選ぶことがあると思いますがロードバイクならば自走していけるのでかなり扱いやすいかと思います。

日本で行われるロングディスタンスの大会はほとんどが微妙なアップダウンが続くコースレイアウトなので純粋なTTバイクよりも、究極のエアロロードでTTポジションをとれるほうが、人によってはメリットが大きくなるかもしれません。

 

あと、Aura5の後継のアイオロスComp 5のホイールが平地や下りだとブンブンぶん回って加速してくれるので体重の軽い僕にはかなり好印象でした。

出だしの反応や登りだけはきついですが、完成車のアルミホイールよりは軽量なので短い登坂、アップダウンは最高です!

もちろんこれも乗りました!

 

EMONDA SL6

ミドルグレードのカーボンバイクですが、18年モデルは価格と性能のバランスがエグいです(笑)

OCLV500グレードのカーボン新型アルテグラBontrager製の軽量ダイレクトマウントブレーキ、さらになんとなんとParagiumの軽量アルミホイールで即レース参戦出来そうなパッケージングで

\320,760(税込み)

これは本当に超超コストパフォーマンス高いです!!

実際乗ってみても非常に完成度が高く、初心者から上級者までだれが乗っても「これはいい!」と言ってもらえるレベルです!

ブレーキがダイレクトマウントになったことで当て効きがしやすく、片当たりも防げるようになっています。

また太いタイヤを履くこともできるので大きめのサドルバックを付けて軽いツーリングなんかにも使えます!

非常に軽量で乗り味も軽快なので乗っていて楽しいです!

そして、今期TREKがおすすめしているクロスバイクがこちら!

 

「FX S6」

フレームはOCLV400で、クロスバイクなのにカーボンバイクです(笑)

まずブレーキは油圧のディスクブレーキ。

Domaneと同じ衝撃を吸収する機構「IsoSpeed」搭載の一言でいえば超贅沢なクロスバイクです(笑)

果たしてクロスバイクをカーボンにする必要があるのかと前々から僕は疑問に思っていたのですが(笑)乗ってみてびっくり!!!

めちゃめちゃよく走るし、ゆっくり走っても楽しい!!ハンドルポジションはクロスバイクなのでアップライトで前傾が浅く非常に乗りやすいです!

舗装路の細かな振動はIsoZoneグリップが大きな役割を果たしてくれるし、急な段差はIsoSpeedがいなしてくれます(''Д'')

FX3もよく走りますが、これはまた別格でどれくらいよく走るかというと

MADONEで試乗に出ていく草井さんについて行って、「TTポジションをとった草井さんを追いかけれるくらい」

よく走ります(笑)

普通のクロスバイクならへとへとでついていく気すらしないというかそもそも速く走ろういう気にもならないのですが、漕ぎ出してからぐんぐんスピードが乗るのでこれはこれで非常に面白かったです。

価格帯が結構いいロードバイクと同じくらいなのでだったらロードバイクを・・・となるかもしれないですがこれはこれで全然ありだと思います。

やはりロードバイクはクロスバイクよりも乗り方のコツなんかがありますし、よく乗っているときとあまり乗っていないときでまったくポジションが変わってきます。

クロスバイクだとちょい乗りもできますし、体力ある方がこのモデルに乗れば1日でしまなみ海道往復できると思います(笑)

グラベルロードという自転車が最近流行っていますが、それに近く、女性やご高齢のかたでもすごく乗りやすいと思います。ディスクブレーキなので街乗りだけという方はもったいないかなと思いますが、雨に降られたときも制動力を保てて安心感がぐっと上がります。いやぁこれはよかったです!

 

あまり聞きなれないですがE-BIKEの試乗車もありました!

「VERVE+」

簡単に言えば「電動アシスト付き自転車」にほかならないのですが、実用車などではすでに馴染みがあるかとおもいます。

スポーツバイクに「電動アシスト」や「モーター」というと、機材ドーピングだなんだのと言われる昨今ではありますが暮らしの中においてスポーツバイクを活用している海外ではすでに爆発的に流行しているそうです。

自動車のパーツでは耳にしたことがあるかと思いますがパワートレインはBOSCH社!TREKの協力により実現したこのVERVE+。スポーツバイクに電動アシスト・・・ちょこっと乗ってみました。

 

 

僕は実用車の電動自転車に乗ったことがありますが、ペダルを漕いでワンテンポ遅れてグンツとアシストしてくれる感じなので自分で漕いでる感が極端に少ないです。

が、VERVE+には4段階のアシストモードがあってエコモードからターボモードまであります。

アシストオフで乗ると重いクロスバイクといった感じです。なのでアシストが切れても我慢して乗れるレベルだと思います。

実用車のアシストオフは正直坂道を漕いで登るのは僕でもかなりしんどくて長い時は押して上がります(笑)平地もとにかく重くて進みません

アシストオンにすると自分が漕いだのと連動してモーターが動くので漕いでる感もあって気持ちがいいです。日本は規制があるので24kmまではアシストしてくれます。

ターボモードは小さな出力でも大きなパワーでアシストしてくれるのでゼロ加速が素晴らしいです(笑)

公道は走れず、短いコースだったので物足りませんでしたが、

今後規制が無くなればバリバリロードバイクに乗ってる旦那さまとのサイクリングで、口笛拭きながら奥様が抜いて行ったり(笑)通勤を自転車でしたいけど登りが嫌いでどうしても会社の前の上り坂になると家に帰りたくなる・・・という方なんかがスポーツバイクと触れ合うきっかけになるのではないかと思いました。

 

 

と、いったところでかなり長いレポートになりましたが、乗れるバイクはすべて乗ってみました!!

個人的にはEMONDA SLRのディスクが是非とも乗ってみたかった一台ですが(まだ言うw)

2018年のTREKのバイクも変わらず乗って満足できるモデルばかりだと思いました!!

特にパッケージングのかなりいい2018年のEMONDA SL6Domane SL6は初めてのロードバイクを買われる方でもその一台を一生乗り続けられると考えれば安いと思います!

気になった方は店頭で実車もご覧になれますので是非ご相談ください~!

つぎはパーツ編でーす!!!

 

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報