2017/10/12(木)

おすすめアイテム

岡山店

総社店

ビンディングのオススメ

そもそもビンディングってなに?

総社店の森です!

突然ですがスポーツ自転車を買ったら次は必ず欲しくなるスーパーアイテム、ビンディングについてお知らせしたいと思います。

ビンディングとは専用ペダルと専用シューズを使用し、固定して効率的に走るためのものです。

固定してないと踏み込んだ時にしかパワーを伝えにくいですが、固定すると引く力やスライドさせてパワーを伝えることができるようになるので固定してない時に比べて楽に走ることができます。

 

スポーツバイクは長時間走ることが多く、1時間以上走ることがかなりあるのでビンディングあるなしでは疲れ方が変わってくるのでしっかり走りたい方にはオススメです。

ビンディングのメリットとデメリット

得することが多いですが気を付けないこといけないこともあるのでそれぞれ見ていきましょう。

メリット

・効率よく走れるようになる、脚を大きく回しやすくなる。

踏み込む時以外にもパワーを利用できるので楽に走れるようになります。

・安定する

固定されているのでぐらつかずパワーが一定になります。また踏み外すことがないので安全性も高くなります。

 

 

デメリット

・こける可能性がある

固定されているので止まるときには外さないといけないのですが、忘れて外せなかったり、バランスを崩したりしてこけてしまします。

慣れていけばほとんどこけなくなりますが、ビンディング歴が長い人でも不意にこけたりするので絶対にこけないとは言えないです。

・歩きづらい

シューズにクリートと呼ばれる金具を取り付けるのですが、靴底から飛び出している状態なので歩きづらいのと、歩くとクリートが少しずつかけてくるので長時間あるくのはやめておきましょう。

歩きやすいモデル(SPDなど)もあるのでこっちはたくさん歩いても大丈夫です。

ビンディングの種類

ビンディングもたくさん種類があります。

 

固定力も控えめなSPDなど、金具の小さいタイプ

マウンテンバイクでは主流で、歩きやすくほとんどが両面固定できるタイプです。

 

効率よく走る為のSPD-SLなど、金具の大きいタイプ

踏み込む面が広く、長時間走るのにすぐれています、ロードレーサーでは主流です。

さらにこれらの中は主に4種類

シマノ(SPD-SL)・ルック・タイム・スピードプレイ

に分かれています。

それぞれ特徴がありますので、選ぶのに迷ったらお気軽にスタッフに聞いてください。

 

では、実際の手順をご説明します。

① 足のサイズを測定!

靴を選ぶときに足の大きさを測りますが、当然ビンディングシューズも測ります。しかし長さだけでなく幅も測っていきます。また左右で大きさが違う方は1番大きいところを基準にサイズを決定しています。

 

幅のほうが大きい方は幅広モデルにしないと前後の空間が大きくなったり擦れて痛む原因になるので合うモデルを選びましょう。

足のサイズがわかったらどの種類にするか決めてモデルを選んでいきます。

全てのモデルにノーマル・幅広・ハーフサイズがあるわけではないので必ずしもほしいモデルを履けるわけではないのです。

シューズが決定したらクリートをつけます。足の親指付け根の膨らみ(拇指球)の中心にセットしていきますがあとは実際に走行して微調整をしていきます。

② 台で練習!

いきなりバイクで出来る方もいますがどんなふうに固定されるのか、どうすれば外れるのか、わからないと思います。なので練習台で感覚をつかんでおきましょう。外す動作も普段しない動作なので動きにくいです。無理矢理外そうとしても取れませんし、壊れる原因にもなるのでしっかり練習しましょう。

安全の為に基本的には左足をつきます。なので左足での付け外しがスムーズになるまでやりましょう。

③ バイクで練習

バイクでは台と違ってペダルが回ります。カカトを下げると固定されないので片足ずつ付け外しがしっかりできるまで止まっている状態で練習しましょう。このときも左足をメインでしていきます。

両足がスムーズに付け外し(特に左足)できるようになったらいよいよ固定して走りますがいつもとバランスの取り方が違うので段階を踏んでビンディングの乗り方に慣れていきましょう。

 

走り出しはいつも通りですがいきなり左足をつけようとせずスピードをある程度だしましょう。低速だとバランスをとるのが大変です。つけるときも初めは下を見ながらでもいいですがスピードが遅くなったら片足だけで進めるのでスピードを出してからまたつけるようにするとこけないです。

進んでいればこけることはないのでペダルからうまく外れないときも安定したところで外せるまでがんばりましょう。外せれたらいつも通りに降りれば大丈夫です。1回できればあとは繰り返し練習して体に覚えさせましょう。

関連記事他の記事も要チェックです!

おすすめニュース見逃せない!イチ押し情報